製造工程・品質管理・開発支援

さまざまなニーズに、総合的な技術でお応えします。


国内外工場で製造工程を監査してほしい。設備購入の相談をしたい。
新しい材料開発にあたってディスカッションを行いたい。
リチウムイオン電池の量産・設備・開発支援にいたるまで、
様々なステージにあわせて、ご相談を承ります。

リチウムイオン電池の開発フロー

企画(アプリケーション)

セル開発

サイズ、特性、ご使用環境など、ご要望に併せて最適なリチウムイオン電池がつくられます。
ただしリチウムイオン電池の性能上、あらゆるスペックを満たすことはできません。パワーを求めればサイクル寿命が短くなるというように、性能はトレードオフされます。
その中で何を優先するかにより、最適の解を求め材料レシピがつくられます。

パック化

電池を制御し、より性能を高めるための電池パック化を行います。
BMSや保護回路を実装し、アプリケーションに合わせた性能を追求します。筐体が電池に与える影響も大きいため、パッケージも重要な要素となります。

量産

開発した製品を工場で量産します。
各工程を適切に管理することにより、コストと品質を向上します。
安全性の高い電池製造には品質管理が欠かせません。電池製造に適した環境か、工員の指導が行われているか、工程にミスがないか。
電池は生ものといわれるように、常に化学変化にさらされており、一般的な機械部品とは大きく異なります。
適切な設備選定もコスト、品質とともに重要です。